溝口公認会計士事務所ブログ

京都在住、大阪を中心に活動している公認会計士です。会計監査、内部監査代行、内部統制の構築・改善業務、IPO支援業務、原価計算制度構築・改善業務、企業価値算定業務等のコンサルティング業務を中心に活動する傍ら、グロービス経営大学院大学でアカウンティングの講師もしています。日頃の業務の中で気づいたことをブログに書いていきます。【保有資格】公認会計士(CPA)、公認内部監査人(CIA)、証券アナリスト協会検定会員(CMA)、地方監査会計技能士(CIPFA)、(元)公認情報システム監査人(CISA) 

だったら、AIに会計監査を代わってもらえば?

www.nikkei.com 『大手監査法人で人工知能(AI)を活用した会計監査が広がっている。監査法人トーマツは財務情報などを自動分析するAIシステムの分析件数を2割増やす。EY新日本監査法人も会計の異常値を検出するシステムを導入した。大企業の会計不…

大塚家具のGC注記の本当の理由とは!?

www.nikkei.com 8/14に大塚家具が開示した2018年1~6月期の決算短信に「継続企業の前提に関する注記(ゴーイングコンサーン)」が記載された。ゴーイングコンサーン(GC)注記については、こちら☟に記載しているので参考にしてほしい。 globis.jp 備忘録と…

四半期情報開示は不要なのか?

r.nikkei.com 少し前になるが、日経に『四半期開示は不要か?』と言う記事があった。 四半期情報の開示(四半期報告制度)は、2008年4月1日開始事業年度から義務化された。対象は上場会社等。つまり、上場会社はマスト。非上場会社でも有価証券報告書を提出…

在庫評価益って何だ?(再び) 【昭和シェル石油の例】

先日、別件でこちらのコラムを書いた☟ 在庫評価益って計上しても良いの? | GLOBIS 知見録 在庫評価益の概要についてだが、こちらではもう少し突っ込んでみたいと思う。 このテーマについては過去数度書いているので既読の方もいると思うが、 まとめというこ…

MRJ 消えた4,000億円の行方を追え!? 【三菱重工の例】

https://www.nikkei.com/paper/article/?b=20180620&ng=DGKKZO31979490Z10C18A6EA1000 6/20付日経朝刊の記事。 あ~、ついにMRJも減損か・・・ と思って読むと、何と 『損失なしで資産減額』 とのこと。 記事を読んでなるほど、そういうことね。 でも、この…

粉飾分析官は機能するのか?

www.nikkei.com 少し前の記事(日経)になるが、会計評論家の細野氏に関する興味深い記事。 『東芝や富士フイルムホールディングスなど、企業の会計不祥事が後を絶たない。背景には会社に雇われている監査法人が、顧客である企業に強い姿勢で臨めない構造上…

イニエスタの人件費は販管費なのか!? 

www.nikkei.com サッカーは詳しくない(あまり観ない)のだが、さすがにイニエスタは知っている(といっても、知っているだけ)。 へ~、Jリーグに来るんだ~ 程度の認識でいたら、とんでもないビッグニュースだったと知る・・ (と指摘され気づく) サッカ…

IPO難民は、監査法人の責任か!? 【ボヤキ&業界暴露系記事】

www.nikkei.com 『あずさ監査法人が監査業務の新規受注を1年間停止すると表明して半年あまり。大手が不正会計などリスクが大きい割に実入りの少ない新規株式公開(IPO)企業の監査を敬遠する動きが広がっている。監査契約を結べない「IPO難民」が増え…

企業が開示する『2つの利益』って何だ!? 【少しボヤキ系記事】

https://www.nikkei.com/paper/article/?b=20180515&ng=DGKKZO30459070U8A510C1EN1000 『決算発表で企業が「2つの利益」を開示する例が増えてきた。会計基準に基づく利益に加えて、同基準に基づかない独自の社内利益指標を開示し、利益の傾向をわかりやすく…

ポイントの活用を会計が後押し!? 

www.nikkei.com 興味深い記事だ。 『クレジットカードで支払ったり、電子商取引(EC)サイトで買い物をするとたまるポイント。このポイントを投資信託や株式などに投資できるサービスが相次いで登場している。クレディセゾン、楽天証券などが参入し、プレ…

不適切な会計処理の現況 【定点観測】

www.nikkei.com 『東京商工リサーチは20日、2017年度に粉飾や横領など不適切な会計処理を開示した上場企業が64社だったと発表した。前年度(42社)から22社増え、08年の調査以来で最多となった。』 東京商工リサーチから2017年の上場会社を対象とした『不適…

森社長の赤字の説明に思う 【オフィス北野の例】

tablo.jp FBにも簡単に上げたけど、事務所ブログにも上げておく。 週刊新潮に掲載されたオフィス北野問題(?)に関する記事。 たけし軍団の声明に対する森社長の反論を読んでの感想。 疑問1~4について、それぞれ森社長の反論が書かれているが、個人的に気…

銀行の貸倒引当金減少は善か?に思う

www.nikkei.com 『銀行が貸倒引当金を減らしている。全体の残高は不良債権問題でゆれた1998年の5分の1、いまやバブル期と同水準にまで下がっている。戦後2番目の長さの景気拡大を背景に融資先の経営改善が進んでいるなら当然だが、どうもそれだけではない…

親子上場って有なの、無しなの? 【ソフトバンクの例】

www.nikkei.com 『世界で企業の新規株式公開(IPO)のルールが骨抜きになるリスクが高まっている』 との日経記事(2018/3/19) ソフトバンクグループ(SBG)のソフトバンク(携帯子会社)の上場方針の公表等を例に、親子上場に対する規制が緩和される可能性を…

グローバル監査体制は画期的なことなのか? 【あずさ監査法人の例】

www.nikkei.com 今回は(も?)マニアックねた。 正直驚いた。 いや、極めて真っ当で、一般には 『何当たり前のこと言ってんの?』 と思うかもしれない。 が、この業界でにとっては当たり前でもない。 何の話かと言えば、富士フィルムの監査体制の話。 記事…

内部通報者保護は何のため⁈

https://www.nikkei.com/paper/article/?b=20180213&ng=DGKKZO26811360S8A210C1MM8000 本日(2/13 ’18)日経朝刊一面記事 『内部通報者の保護厚く 企業の報復防止へ罰則 政府、年内にも具体案 』 内部通報者保護に関する記事。 『政府は不正を告発した…

ICOの会計処理ってどうなるの!? 【メタップスの例】

www.nikkei.com 『仮想通貨技術を使った資金調達 (ICO=イニシャル・コイン・オファリング) に関する会計処理問題が浮上している。きっかけが15日に決算発表した、決済代行サービスなどを手掛けるメタップス。昨年ICOを実施したが、会計処理を巡り監…

会計の数字は本当に客観的なものか? 【ソフトバンクの例】

www.nikkei.com 『「日本、いや世界で最も複雑な財務諸表かもしれない」。トーマツ幹部がこう形容する担当企業がある。それは大型M&A(合併・買収)を繰り返し、姿が大きく変わり続けるソフトバンクグループだ。担当会計士は当然、エース級を送り込んでい…

決算早期化は投資家のためだけなのか!? 【あみやき亭の例】

www.nikkei.com あみやき亭の決算早期化に関する記事だ。ビジネススクールのアカウンティングクラスで、決算には何日必要か? という質問をするが、最も早い会社が1日と言うと(解答)結構驚かれる。もっとも、決算業務に何が必要なのかを理解している人も少…

子会社在庫の未実現利益って何? 【ヤマハの例】

www.nikkei.com 『ヤマハの2018年3月期は、対ユーロでの円安進行の一服が利益を押し上げそうだ。円安一服により海外子会社の在庫で連結ベースの利益になっていない「未実現利益」が縮小し、増益要因となる。円安に伴う輸出採算の改善も含め、今期の営業利益…

日本企業は出口戦略無き研究開発(R&D)なのか!?

www.nikkei.com 日本の会社は技術は優秀だが、 それをビジネスにするのは不得手 という日経記事。 記事は次のように指摘する。 『数字を見てみよう。まずは技術そのものを生み出す研究開発(R&D)の力だ。文部科学省がまとめた2015年の国別の企業の研究開…

キャッシュ・フロー計算書の読み方 【久々にレクチャー系】

久々にレクチャー系。 アカウンティングのクラスで財務3表の読み方について講義をすると、P/Lに比べて キャッシュ・フロー計算書(以下、CF計算書)は分かりにくいという意見がよくある(B/Sもだけど、これはまた別の機会に)。 これって馴染みが薄いから分…

二重課税は何が問題なのか? 【希望の党の例】

ちょっと前の記事を引用。その後、内部留保や内部留保課税について様々なメディアで識者などから意見が上がり、結果として、内部留保に対する社会的な認識が高まってきたのは良いことだと思う。このブログでも過去に何度か内部留保について書いているが、こ…

中堅監査法人の合併報道に思う 【太陽・優成の例】

www.nikkei.com 中堅監査法人の太陽監査法人と優成監査法人が来年2018年7月の合併に向けて基本合意したとのこと。 基本的には大賛成だ。 予てより、中堅監査法人の統合、大きく言うと業界再編はもっと進めないといけないと思っている。 まず、品質の問題。特…

店長評価にROA導入の意図は!? 【J・フロントリテイリングの例】

www.nikkei.com 『J・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店では、2018年2月期(国際会計基準)から店長の評価指標に「総資産利益率(ROA)」を導入する。従来は店舗ごとの利益が評価軸だった。より具体的に、細分化して利益を上げる意識を高める…

何故、内部留保がやり玉に挙げられるのか?

m.newspicks.com 夏休みもなくドタバタしていたら、気づけは前回のブログから1か月近く経過していた・・・ 内部留保に関するニュースが掲載されていたので久しぶりに内部留保について書いてみる。 『財務省が1日発表した法人企業統計調査によると、企業が利…

会計監査の信頼が遠く霞んだ日・・・ その2

www.nikkei.com 長くなりそうだったので分割。 その2は、内部統制監査についてだ。 これも釈然としない・・・ 日本の内部統制監査において、「不適正意見」はまず無い。 あり得なくはないが、まず無い。 まず、少し内部統制報告制度、監査制度を簡単に説明す…

会計監査の信頼が遠く霞んだ日・・・ 【東芝の限定付適正意見】

www.nikkei.com 『東芝は10日、2017年3月期の正式な連結決算(米国会計基準)を発表した。同期の有価証券報告書(有報)について「限定付き適正」の意見を監査法人から受け取り、有報も関東財務局に提出した。米原子力事業の損失の認識を巡って監査法人と意…

収益認識に関する会計基準(案)の公表に思う

www.nikkei.com いよいよか、過去ブログでも何度か紹介してきた売上に関する会計ルールの改正が具体的になった。我が国の会計ルールの設定機関であるASBJ(企業会計基準委員会)が、7/20に 『収益認識に関する会計基準(案)』を公表した。 日経朝刊(7/21…

ハイブリッド社債による資金調達の目的って何? 【ソフトバンクの例】

www.nikkei.com 『ソフトバンクグループが、近く数千億円規模のドル建て社債を発行する。調達した資金は主にサウジアラビアなどと立ち上げた10兆円規模の投資ファンドへの出資に充てる。ファンドの運用資産は5年後に最大10兆円になる見通し。ソフトバンクは…